« 第二外国語(12) | トップページ | 第二外国語(14) »

2018年6月28日 (木)

第二外国語(13)

 それでは、世界メジャー言語ということでアラビア語。モロッコの留学生も本学にはいるので、知っていた方が良い。

 アラビア語は、アラビア半島や北アフリカ諸国等の27カ国で公用語として使われている。国連の公用語、英語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語と共に、アラビア語も公用語の一つである。

 われわれが日常に使う言葉にもアラビア語由来のものが多い、特に化学分野には多く存在する。中世ヨーロッパで、アラビア圏の科学を積極的に取り入れたためといわれている。アルカリ、アルコール、コットン、ガーゼ、カンフル、ギプスから、アベレージ、アルゴリズム、ゼロ、リスクはアラビア語なのである。他にも、コーヒー、シロップ、ソーダ、ソファー、ラケット、トタン等、身の回りにアラビア語が溢れている。

 はい/いいえは、ナーム/ラーといい、覚えなければ想像もできない。ありがとう/どういたしまして/すみませんは、シュクラン/アフワン/アルマーベラくらいは覚えておこう。

|

« 第二外国語(12) | トップページ | 第二外国語(14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二外国語(13):

« 第二外国語(12) | トップページ | 第二外国語(14) »