« チップ殿堂(5)68000 | トップページ | チップ殿堂(7)東芝フラッシュメモリ »

2018年7月13日 (金)

チップ殿堂(6)KAF-1300

 チップ殿堂に選ばれるのは、CPUだけでない。昨年度に選ばれたチップは、CPU以外にKAF-1300がある。

 コダックが1991年に開発したイメージセンサである。コダックのデジカメ初期の歴史的記念品DCS100のセンサとして使用された。

 現在は数メガピクセルのカメラは当たり前である。しかし、1990年初頭、メガピクセルはエンジニアには魔法の数であった。コダックは5インチ×7インチのサイズを印刷可能な130万ピクセルの画素を、KAF-1300で実現したのである。これを携帯型の5kgあるストレージユニットにつないだデジタルカメラDCS100に搭載した。DCS100は、プレビュー用ディスプレイ、画像のヒストグラム分析、遠隔操作用のり外し式の電池、そして画像をメール送信できるモデムを内蔵していた。すなわち、わずか2万ドルで現在のデジカメ機能を全て実現していたのである。

 KAF-1300はCCDイメージセンサの基礎となり、その後のデジカメの普及をもたらした。チップの主任設計者エリック・スティーブンス氏は、今でもイメージセンサの上級技術スタッフとして設計を続けている。

|

« チップ殿堂(5)68000 | トップページ | チップ殿堂(7)東芝フラッシュメモリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/73854621

この記事へのトラックバック一覧です: チップ殿堂(6)KAF-1300:

« チップ殿堂(5)68000 | トップページ | チップ殿堂(7)東芝フラッシュメモリ »