« 分子を操作するナノテクノロジー | トップページ | 中国の原子力発電 »

2018年7月 5日 (木)

進化するアシモ

 アシモはこれからも進化する。アシモを倒そうと強く押しても、こけないように制御される様子が公開された。

 もちろん、誰かがアシモをこかそうと押したり蹴ったりしたときの対策ではない。あくまで広く安定性を向上させるためである。

 ボストン・ダイナミクスが4足歩行ロボットを蹴ってこかそうとする動画が有名なように、2足歩行や4足歩行ロボットが急激な外力がかかっても安定しているところを示すには、押したり蹴ったりするのがわかり易いのである。この対策ができていると、通常歩行より進んだスキップはジャンプの安定性が増すのである。ホンダ・リサーチは、アシモが通常歩行している状態で後ろからと横から強く押した場合でも、こけずに体制を整えることができたと公開している。

 押されたときにこけないようにするには、通常歩行時よりも速く足を動かす必要がある。そのため、こけない対策が、より複雑な動きを可能にするのである。

|

« 分子を操作するナノテクノロジー | トップページ | 中国の原子力発電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/73804247

この記事へのトラックバック一覧です: 進化するアシモ:

« 分子を操作するナノテクノロジー | トップページ | 中国の原子力発電 »