« DS(29) | トップページ | DS(16)の英訳 »

2020年2月14日 (金)

DS(30)

 この日産DSのシミュレータ酔いを評価するため,一般ドライバの試乗における主観評価を実施した.初めてのDSに際し,次の2つのシーンで4段階(①まったく酔いを感じない,②少し酔った感じを受ける,③酔ったが評価は続けられる,④酔って評価が続けられない)の酔いレベル回答してもらった.

(1)車両挙動の評価や緊急回避行動等の評価を想定したモーションシステムが大きく動き,高い加速度が発生する2シーン:道幅3.5m, 全長約5km2車線の直線コースに障害物をランダムに配置し,時速60~80km/hでのレーンチェンジ20回実施と,連続コーナーが続く道幅の狭いワインディングロードを再現したコースを約2kmkm走行
(2)ヒューマン・マシン・インター フェー スの評価を想定した既存の高速道路を長時間通常走行するシー ン:東名厚木IC~首都高3号線~中央環状線~湾岸線,辰巳パーキングエリアまでのコースを約40分間走行

 それぞれの評価結果について,(1)は56名,(2)は19名の回答では,酔いがほぼない①②レベルが,(1)は96%,(2)は100%と好成績だった.また,全体の中で酔いにより評価が続けられない被験者はまったく発生しなかった.なお,このDS開発は日本無線株式会社と共同で行った.

|

« DS(29) | トップページ | DS(16)の英訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DS(29) | トップページ | DS(16)の英訳 »