« 自動運転の課題対策(16) | トップページ | 自動運転の課題対策(18) »

2020年9月17日 (木)

自動運転の課題対策(17)

 ユニットは9個あって、すべてのユニットが相互に繋がれている。しかし、2個のユニットに着目すれば、それらは双安定ニューラルネットワークとみなすことができる。

 例えば、性別ユニットと年齢ユニットが互いに牽制し合うことになる。各ユニットが興奮状態か抑制状態かは、地域や国によって決める。

 これに加え、リンクの重みはヘッブの法則によって時間の経過と共に変化する。よって、9個のユニットが相互結合するネットワークは単に256通りの状態を取るという意味ではなく、重みが安定化するまで無数の状態を取り、最終的に256通りの安定状態があるという意味になる。

 各ユニットへの入力は様々である。そのため、256通りの安定状態に対応する状態はそれ以上あるということになる。

 

|

« 自動運転の課題対策(16) | トップページ | 自動運転の課題対策(18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動運転の課題対策(16) | トップページ | 自動運転の課題対策(18) »