« 自動運転の課題対策(18) | トップページ | 自動運転の課題対策(20) »

2020年9月19日 (土)

自動運転の課題対策(20)

 倫理観を表現する相互結合ニューラルネットワークを考えることができそうである。各ユニットやリンクの重みの初期値や定数は、実験的にデータを収集しなければならない。

 実験方法は、典型的な倫理観を持つ方に協力してもらって、ドライビングシミュレータでの走行データを収集するのがよいだろう。ドライビングシミュレータ上でトロッコ問題を発生させ、直進かレーンチェンジの判断をしてもらうやり方だ。

 ブレーキが故障した状態で手動運転したときの判断と、自動運転車の判断に違和感を感じるかどうかの2通りのパターンで実験するとよいだろう。また、ドライビングシミュレータ実験とは独立して、モラル・マシーンのように状況判断だけのアンケートも取り、それがドライビングシミュレータの結果と同傾向かどうかのチェックも必要だろう。なぜなら、実際の状況ではじっくり考える時間がないため、即時の判断と熟考した判断の差の有り無しも重要なデータになるからである。

 

|

« 自動運転の課題対策(18) | トップページ | 自動運転の課題対策(20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動運転の課題対策(18) | トップページ | 自動運転の課題対策(20) »