« 自動運転の課題対策(13) | トップページ | 自動運転の課題対策(15) »

2020年9月14日 (月)

自動運転の課題対策(14)

 各ユニットに、相互結合の入出力以外からの入力があった場合を考えよう。ユニットは、入力の総和があるしきい値を超えると発火し、抑制状態から興奮状態に移行する。

 ユニットAが抑制状態、ユニットBが興奮状態とする。ユニットAに外部から正の入力があると発火し、抑制状態から興奮状態に移行する。

 ユニットAが興奮状態になると、ユニットBへの入力は負となり、ユニットBは興奮状態から抑制状態に移行する。つまり、一方のユニットの状態が変わると、もう一方の状態も変わることになる。この状態は、二つのユニットが同時に状態を変えたことになり、それぞれの興奮状態と抑制状態が入れ替わることを意味する。

 これをトロッコ問題に適用すると、ユニットAが直進、ユニットBがレーンチェンジに対応させ、諸条件が各ユニットへの外部入力となる。双安定ニューラルネットワークは最終判断のアルゴリズムとして適用できる可能性がある。

 

|

« 自動運転の課題対策(13) | トップページ | 自動運転の課題対策(15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動運転の課題対策(13) | トップページ | 自動運転の課題対策(15) »