« 自動運転の課題対策(17) | トップページ | 自動運転の課題対策(20) »

2020年9月18日 (金)

自動運転の課題対策(18)

 重みwの変化は、ヘッブの法則に従わせると、次式のように表すことができる。

dw/dt = -β(w-yA・yB)

 すなわち、重み w の時間に関する微分方程式となり、ここでβは変化の度合いを表す正の定数である。この式の意味するところは、重みwの単位時間あたりの変化が、w とユニットAとユニットBの出力の積 yA・yB の差分に比例し、比例定数がβということになる。したがって、重み w の極限値は yA・yB となる。

 この式の一般解は次式となる。

w = Ke^(-βt) + yA・yB

 e は自然対数の底であり、K は t=0 における w の初期値と yA・yB によって決まる値である。この式の第一項 Ke^(-βt) は、時間の経過と共に0に近づくため、w の極限値がやはり yA・yB になることを表している。

 

|

« 自動運転の課題対策(17) | トップページ | 自動運転の課題対策(20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動運転の課題対策(17) | トップページ | 自動運転の課題対策(20) »