« 108つの煩悩(3) | トップページ | 108つの煩悩(5) »

2021年1月 4日 (月)

108つの煩悩(4)

 108つの煩悩四つ目は、

苦締慢(くたいまん)

である。苦締と慢でできた言葉である。慢とは、他人と比較して自分を過剰評価して思い上がることである。苦締慢とは、おごり高ぶりに苦しむということである。

 また、慢は、慢、過慢、慢過慢、我慢、増上慢、卑慢、邪慢の七慢の総称でもある。七慢の慢とは、自分より劣る人に対するうぬぼれ、過慢とは、自分と同等の人に対して自分が勝っているといううぬぼれ、慢過慢とは、自分が勝っている人を見て更に自分が勝っているといううぬぼれ、我慢とは、自分が偉いといううぬぼれ、増上慢とは、悟っていないのに悟ったとおごるうぬぼれ、卑慢とは、非常に勝れている人に対して自分は少し劣っていると思うこと、邪慢とは、間違った行為を正しいと言い張ることである。

 

|

« 108つの煩悩(3) | トップページ | 108つの煩悩(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 108つの煩悩(3) | トップページ | 108つの煩悩(5) »