« 108つの煩悩(9) | トップページ | 108つの煩悩(11) »

2021年1月10日 (日)

108つの煩悩(10)

 108つの煩悩の十番目は、

苦締戒禁取見(くたいかいごんしゅけん)

である。これまでと同じく、苦締と戒禁取見の合成である。戒禁取見とは、誤った教えを信じることである。仏教で教えとは悟りを開く方法なので、誤った教えで悟りを開くことというのが本来の意味である。したがって、苦締戒禁取見とは、誤った教えで悟りを開こうとして苦しむということである。

 有身見、辺執見、邪見、見取見、戒禁取見の五つを五悪見という。五毒と五悪見が煩悩の中核を成すものであり、煩悩の半分が考え方、見方に起因するのである。フェイクニュースも人間の煩悩といえる。

 

|

« 108つの煩悩(9) | トップページ | 108つの煩悩(11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 108つの煩悩(9) | トップページ | 108つの煩悩(11) »