« 108つの煩悩(15) | トップページ | 108つの煩悩(17) »

2021年1月16日 (土)

108つの煩悩(16)

 108つの煩悩の十六番目は、

集締邪見(じったいじゃけん )

である。集締と邪見の合成語である。六つ目の煩悩は苦締有身見なので集締有身見と思いきや、八つ目の苦締邪見の苦締が集締に代わった言葉である。意味としては、間違った考えが苦しみの原因ということである。

 苦締には五悪見の有身見、辺執見、邪見、見取見、戒禁取見、全てが登場する。集締で、有身見、辺執見を採用せず邪見から始まるのは、それほど邪見がひどいということだと考えられる。

 

|

« 108つの煩悩(15) | トップページ | 108つの煩悩(17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 108つの煩悩(15) | トップページ | 108つの煩悩(17) »