« 108つの煩悩(1) | トップページ | 108つの煩悩(3) »

2021年1月 2日 (土)

108つの煩悩(2)

 108つの煩悩の二つ目は、

苦締瞋(くたいしん)

である。苦締貪と同じく、苦締と瞋に分かれる。瞋とは、怒りのことである。つまり、苦締瞋とは、怒りに苦しむということである。

 諸君は何に怒っているだろうか?僕もいろんなことに憤りを覚えることがある。怒りは時にエネルギーの元になることもある。怒りをバネとして頑張る。苦締貪もエネルギーの元だろう。欲しい気持ちがあるから頑張ることもある。人間は煩悩の塊りであり、煩悩を糧として生きている。今回の108つの煩悩を一つ一つ見ていくのは、人間をよりよく理解しようという試みと思って欲しい。

 何かで聞いたことで、歳を取って老いて丸くなるより、何かに怒っている方がボケないそうだ。本当かどうかはこれからわかると思っている。

 

|

« 108つの煩悩(1) | トップページ | 108つの煩悩(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 108つの煩悩(1) | トップページ | 108つの煩悩(3) »