« 108つの煩悩(14) | トップページ | 108つの煩悩(16) »

2021年1月15日 (金)

108つの煩悩(15)

 108つの煩悩の十五番目は、

集締疑(じったいぎ)

である。集締と疑でできた言葉である。五つ目の煩悩の苦締疑の苦締が集締に代わっているのがわかる。すなわち、集締疑とは、真実を疑うことが苦しみの原因という意味になる。

 疑うことは重要なことで、疑う能力があるから騙されずに済む。しかし、真実まで疑ってしまえば、それは苦しみとなってしまう。どうすれば真実か嘘かを見抜くことができるだろうか。まずは、多くの真実に触れ、それら真実を信じることである。

 

|

« 108つの煩悩(14) | トップページ | 108つの煩悩(16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 108つの煩悩(14) | トップページ | 108つの煩悩(16) »