« 108つの煩悩(54) | トップページ | 108つの煩悩(56) »

2021年2月24日 (水)

108つの煩悩(55)

 108つの煩悩の五十五番目は、

色界道締癡(しきかいどうたいち)

である。色界と道締と癡が組み合わさってできた言葉である。二十七番目の煩悩の道締癡に色界を付して、色界での道締癡を表現している。

 色界道締癡とは、欲界を絶って行った色界でも、無知を無くす道があるのに勉強せず苦しむという意味になる。わかっていても実践しなければ苦しみはなくならない。

 

|

« 108つの煩悩(54) | トップページ | 108つの煩悩(56) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 108つの煩悩(54) | トップページ | 108つの煩悩(56) »