« 108つの煩悩(61) | トップページ | 108つの煩悩(63) »

2021年3月 3日 (水)

108つの煩悩(62)

 108つの煩悩の六十二番目は、

無色界苦締癡(むしきかいくたいち)

である。無色界と苦締と癡の合成語である。三つ目の煩悩の苦締癡に無色界を付けて、無色界での苦締癡を現わしている。色界から、二つ目の煩悩の苦締瞋が出て来ないのは、欲界を絶てば怒りも無くなるということだろうか。

 無色界苦締癡とは、無色界でも真理を知らない無知で苦しむという意味である。欲界を絶ち、色界へ行き、更に精神だけの世界に到達した者でさえ、真理を知らない無知であれば苦しむのである。

 

|

« 108つの煩悩(61) | トップページ | 108つの煩悩(63) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 108つの煩悩(61) | トップページ | 108つの煩悩(63) »